片桐裕司のアナトミー・スカルプティング 完全版

【期間限定キャンペーン特別価格】50%OFF
日本発、人体を理解するための
本格的造形テクニックブック。



【帯文より】
立体把握・人体解剖学。絵描きに必要なこの能力を強化するなら…
実際に作ってみるのが一番! ! !
この本はその一生のお供になること間違いなしの1冊です!

Ryota-H(漫画家・イラストレーター)



【内容】
日本発、人体を理解するための本格的造形テクニックブック。
『スター・ウォーズ』初の実写ドラマ「ザ・マンダロリアン」をはじめ、映画『パシフィック・リム』『キャプテン・マーベル』『X-Men』等のキャラクター原型を担当、ハリウッドで活躍中の著者による、人体をきちんと理解して造形するためのテクニック大全。

男性の骨格、筋肉、女性の身体、子供と老人の造形を徹底的にレクチャーした『アナトミー・スカルプティング』を全面改訂し、さらに、東洋人女性の顔・頭部、西洋人女性の顔・頭部を作りおろし&徹底解説。ページも大幅にボリュームアップした完全版です。

イラストレーター・漫画家・3DCG関係者必見!



【著者プロフィール】
片桐裕司(かたぎり・ひろし)
東京生まれ。ハリウッドの映画、テレビのキャラクターデザイナー、彫刻家。
スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの著名監督の映画作品に多数参加。主な代表作は『パシフィック・リム』『マン・オブ・スティール』『バトルシップ』『エルム街の悪夢』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ 生命の泉』『ハンガー・ゲーム』『キャプテン・マーベル』など。
近年、日本において若手アーティストを育成するための彫刻セミナーを各地で開催。造形家のみならずCGアーティストを始め様々な分野のクリエイターに影響を与え、1 0 0 0 人を超える参加者が片桐氏に造形を学ぶ。
また氏の著書である『アナトミー・スカルプティング 片桐裕司 造形テクニック』は美術書としては異例のベストセラーとなっており、『アニマル・モデリング 動物造形解剖学』も唯一無二の動物造形本として好評発売中。
長編監督デビュー作『Gehenna: Where Death Lives』は全米10都市で公開され、北米Netflixで配信中。日本では『ゲヘナ』のタイトルで販売、レンタル中。

片桐裕司・公式アカウント
@chokokuseminar




【Page Sample】