プロジェクション・マッピング入門

イメージ:プロジェクション・マッピング入門

その他商品写真1

その他商品写真2

その他商品写真3

ご注文

型番 ISBN 978-4-7683-0469-3
販売価格 2,376円(税込)
購入数 購入数を増やす 購入数を減らす


立ち読み
amazonで購入する

※この本で出来る事。付録を使って本書で解説しているプロジェクション・マッピングのイメージ映像をコチラからご覧いただけます。


After Effectsと5万円の小型プロジェクターで
体験しながら覚える!
すぐ試せる!DVD-ROM、紙模型付録付き!!!


著者:MASARU OZAKI(尾崎マサル)

トップクリエイターが基礎から丁寧にそのノウハウを解き明かす!
プロジェクション・マッピングとは、立体物の形状に合わせた映像をプロジェクターで投影し、そのものの色や形を変化させてしまう新しい表現方法です。今、建築物への投影が話題になっていますが、この本では卓上のオブジェに小型プロジェクターを使って投影しながらテクニックを習得していきます。使用するソフトはAdobe After Effects CCのみ。卓上マッピングのための紙模型(切り取りと組み立てが必要です)と、投影の模様を記録した映像を含むDVD-ROMが本書巻末に付属しています。

【はじめに】今、なぜプロジェクション・マッピングなのか

【準備編】 卓上プロジェクション・マッピングのための装備

【基本編】 立方体を使ってプロジェクション・マッピングの基本をマスターする
[トーク]プロジェクション・マッピング黎明期のアート作品「CHAIR」

【実践編I】付録の紙模型を組み立て、そこに投射していきながら、
さまざまなテクニックを身につけていこう
線のアニメーションを作る
[コラム]アーキテクチャー・マッピングにおけるビューポイントとは
[トーク]Light Tree Projectで目指すもの

【実践編鵺】リアルな光の表現を目指す

【3D表現編】紙模型のステージ上でキューブが割れて出たり光の玉が浮遊する
1本のムービーに仕上げるプロテクニック

【最後に】 卓上プロジェクション・マッピングには可能性がある


※本書で使用しているプロジェクターはコチラです。(外部サイトに移動します。)