イラストレーション No.195 2012年9月号

この商品は絶版です。


立ち読みページはこちら
amazonで購入する

【大特集】
天野喜孝


今年、生誕60周年を迎える天野喜孝さんの画業を俯瞰出来る大特集。有名ゲームのイメージイラストレーションや「グイン・サーガ」の装画、「タツノコプロ」のキャラクターデザインだけでなく、貴重なラフや新作まで掲載し、天野さんの世界観を堪能できる内容です。
また、都内にあるアトリエや、ゲームキャラクターを描く過程も取材。貴重なアトリエのショットも多数掲載します。インタビューでは、過去、現在、未来をキーワードに天野さんが今考えていることを語ります。

サンダツネオ

「STAR WARS」の作品を描くことをLucasfilmから認められているサンダツネオさん。英語を全く話すことが出来ないサンダさんが、どのように世界的映画の仕事をすることが出来たのか? 初公開の制作過程も紹介します。

近藤聡乃

ニューヨークで活動する近藤聡乃さんを取材。海外で活動することになったきっかけや、絵、アニメーションについてインタビュー。HOW TO DRAWでは一番自由に描くことが出来ると話す鉛筆を使っての制作を披露。

IC4DESIGN
広島から世界へ売り込み、各国で仕事を手がけるIC4DESIGNを取材。海外での営業の楽しさや驚いたこと等のエピソードも紹介。これから海外で活動したいと考えている方、必読の内容。

酒井駒子

朝日新聞紙面で連載した「七夜物語」の挿絵を担当した酒井駒子さん。1年以上に渡る連載の楽しさ、大変さについてお話を聞くとともに、挿絵の制作過程も公開。なかなか見ることが出来ないアトリエの様子も掲載。

おじさん図鑑
大ヒット中の「おじさん図鑑」の著者なかむらるみさんを紹介。おじさん図鑑が出来るまでの苦労と、おじさんを描くことの魅力について語ります。

ニューヨークタイムスに売り込む
言わずと知れたNYタイムスへ取材。数多くのイラストレーターを起用する、同紙のアートディレクターにインタビューし、売り込みの方法やどういった媒体を見てイラストレーターを探しているかについて聞きました。

ボローニャ国際絵本原画展

同コンペに入選した米津祐介さんと小輪瀬護安さん、そして毎年ボローニャ国際絵本原画展の巡回展を行っている板橋区立美術館の松岡希代子さんの3名の座談会。絵本創作のヒントに溢れた内容です。

渡邉良重

KIGIのアートディレクター・イラストレーターの渡邉良重さんに大好きな絵本について語って頂きました。渡邉さんの作品も紹介します。

宇野プロダクト
宇野亜喜良さんプロデュースの連載。今回は若松哲也さんと、北村佳奈さんがアロハシャツの制作に挑戦。