装丁の仕事174人

この商品は絶版です。


立ち読みページはこちら
amazonで購入する

第一線で活躍中のブックデザイナー174人の作品を
一人1ページの構成で、それぞれ4〜16点ずつ紹介。
ブックデザイナーの略歴、連絡先などのパーソナルデータと
作品データを添付しているので、
制作依頼のインデックスとしても活用できます。

2つの特集記事も収録。

特集1:
そうぞう[想像/創造]する
装丁 カヴァーノチカラ

日本図書設計家協会が毎回異なるテーマで開催しているブックスケープ・「カヴァーノチカラ」展から、2008年の「箔力展」と2009年の 「装画の力展」に展示された作品のなかからいくつかの装丁作品を掲載。「銀河鉄道の夜」、「注文の多い料理店」、「人間失格」、「砂の器」など、一作品につき四点の装丁作品を、迫力の見開き写真で展開。同じ作品を、異なる装丁/装画によって読み解く面白さを誌上で紹介。

特集2:
本誌カバーに使用のオリジナルペーパーは
こうして生まれた!

本誌を手にされた方はおわかりだろう、カバー用紙。 製紙会社と紙商社、そしてデザイナー集団が共同開発して生まれた、
この本のためにだけ作られたオリジナルペーパーである。今までにないその「オンリーワン」の手触りは、紙とは思えぬ
全く異色の存在。その開発に至るプロセスの全貌を誌上ドキュメント。

おすすめ商品

この商品をご希望の方は右の商品もオススメです!ぜひご覧ください。