モバイル三脚セット

どんなに良い三脚を持っていても、持っていかないのであれば、意味がありません。

縮めると30cm!

カバンに入る三脚セットをご用意しました。




なお、2017年秋を目処にヘッドと脚部の間に入れる

レベラーをオプションとして販売する予定です。



モバイル三脚セット(ソフトケース付き)



【機能と特徴】

モバイル三脚セット(ソフトケース付き)

・最大高:155cm

・最低高:33cm

・質量:2.2kg



※すべて実測値。最大高はエレベーターを伸ばした状態。

エレベーターを下げた状態だとそれぞれ140.5cmになります。



ヘッドは小型ながら滑らかなパン、ティルトの動きで定評のあるベルボンのFHD-61QN(モバイル三脚)。

粘性のある硬めの動きなので、ある程度の重さのカメラはチルトロックを少しかけることで対応できます。



脚部とヘッドは1/4インチネジで直接取り付けます。

ヘッドに水準器はありますが、レベラー機構は割愛しました。

水平は脚の長さの調整で出します。

なお、2017年春にヘッドと脚部の間に入れるレベラーをオプションとして販売する予定です。



脚部は同じくベルボンで、脚を反転させて折り畳めるUltrek(UT)シリーズ。モバイル三脚はUT-63ですが、特別バージョンですので、付属の自由雲台は同梱されません(そのかわり価格を抑えました)。

15cm程度のエレベーター機構もあり、微妙な高さ調整もできます。



脚の開きは3段階で調整でき、地上高35cm 程度のローポジションをとることも

可能です。



プレートは前後スライド可能ですので、バッテリーをつけかえたとき、GHシリーズでレンズを交換した時に重さの前後バランスが変化しても、簡単にスライドして調整することができます。カメラとの装着は、ビデオボスがあるので、ビデオカメラの場合は、不用意に回転せず、きちんと固定できます。



◎「モバイル三脚セット」オススメの組み合わせ

ソニー PXW-X70/FDR-AX100/FDR-AX55

キヤノン XAシリーズ、HF Gシリーズ

パナソニックGHシリーズ
 など。

500gから1.5kgくらいまでのカメラに最適です。





ビデオSALON.webでも紹介しています。

商品カテゴリー